クレジットカードのブランドとETCカード

どんな国際ブランドがついているのか?

クレジットカードの使いやすさに大きく関わってくるのが国際ブランドです。JCBやアメックス、そしてダイナースなどのことを指しているのですが、自分が利用したいと思っているクレジットカードにはどのような国際ブランドがついているのか、ということは事前にしっかりと把握しておくべきなのです。

こちらではETCカードのカードが発行できるおすすめクレジットカードのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDについてお話します。
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDにはどんな国際ブランドがついているのでしょうか?

・VISA
・JCB
・MasterCard(マスターカード)

上記の3つの国際ブランドが用意されています。その3つの中あら好きなブランドを選択できるのです。

3つのブランドの特徴として、ステータス性があまりない、というものがあります。ステータス性があるブランドに関しては、アメリカンエキスプレスやダイナースがあるわけです。しかしそれらは用意されていません。

年会費の件からもステータス性がないのは仕方のないところです。ただし3つの国際ブランドについては、使い勝手に関してダイナースやアメリカンエキスプレスに比べるとかなり良いです。加盟店の数が圧倒的に多いのです。ですからステータス性がないからダメ、とは一概には言えません。

ダイナースのETCまとめ

日本ではあまり普及していないクレジットカードではありますが、ダイナースクラブと呼ばれる国際ブランドも存在しています。発行は三井住友信託銀行グループとなっていますのでこちらに依存している部分は多少はあるでしょう。

ダイナースクラブが発行するETCカードですがダイナースクラブカードを所有していれば発行手数料、年会費無料で所有することが可能です。そもそもダイナースクラブがETCカードを発行しているのかどうかということを疑問に思っている片も多いとは思うのですが、維持費無料でETCカードは発行されています。またこれに加えてダイナースクラブは個人向けクレジットカードにおいてETCカードの複数枚発行にまで対応するようになりました。以前はETCカードの発行は1枚に限られていたのですが、公式サイトによると「利用者の要望によって」複数枚の発行に対応するようになったとのこと。ダイナースクラブを利用していながら年会費無料の複数枚のETCカードが手に入るとは嬉しい時代となりました。ただしダイナースクラブが発行しているクレジットカードの中でもビジネス向けに発行されているクレジットカードはETCカードの複数枚発行には対応していません。こちらこそ対応してもらいたい部分ではありますが仕方ないですね。

ポイント還元についてはダイナースクラブの基本とどうようにETCカードの利用分についても100円につき1ポイントの還元です。ステータス性の高いクレジットカードでありながらポイント還元もしっかりしています。ダイナースクラブも一部のクレジットカード同様に貯めたポイントはどのように利用するのかということで実質的な還元率が異なってくるクレジットカードポイントです。

ダイナースクラブでは発行されているクレジットカードが少ないですので下記にETCカード対応のクレジットカードをご紹介します。

■ダイナースクラブカード

ダイナースクラブが発行するクレジットカードであり、ダイナースクラブ利用者の大半はこちらのクレジットカードを利用しています。年会費も高額であり何よりも入会の難易度が他のクレジットカードに比べて高いのが特徴となっています。年収や年齢制限あると言われており、入手は難しいですがステータス性が高くETCカードにも対応する有料クレジットカードです。

■ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブの中でもビジネス向けに発行されているのがこちらです。前述の通りこちらではETCカードの複数枚発行に対応していないのが少し残念です。

ダイナースクラブのステータス性を保ちつつ、ビジネス向けに必要なサービスも付帯されており経営者からは非常に人気の高いクレジットカードの一つです。

アメリカン・エキスプレスのETCまとめ

ステータス性の高いクレジットカードとして有名なアメリカン・エキスプレスはETCカードの発行に対応しているのでしょうか。ステータスを重視しているクレジットカードであると、こういった付帯サービスはどのようになっているのかが気になりますよね。

アメリカン・エキスプレスも時代の流れに沿ってETCカードの発行に対応しているクレジットカード会社となっています。しかしながらクレジットカード会社としてのブランド力が影響しているのか、他のクレジットカード会社よりも少しETCカードに対するサービスは少なくなっています。どのようなサービスなのでしょうか。

まずアメリカン・エキスプレスはETCカードの発行に関して手数料が必要となっています。個人で利用するクレジットカードを利用している場合には発行手数料として918円が必要となりますしビジネスカードとして利用しているものであれば540円が必要となります。複数枚の発行にも対応しているのですが発行するETCカードそれぞれに対して手数料が必要となりますので、個別に申し込んでもまとめて枚数を申し込んでも毎回手数料が必要となっています。

ETCカードの年会費については初年度無料で翌年度からは540円に設定されています。ただ年会費については年間1回でもETCの利用があれば翌年度無料となりますので、実質年会費無料のETCカードとして持ち続けることが可能です。ポイントの還元などに関してはETCカードの利用料金が請求されるクレジットカードの状態によって少し左右されるものとなっています。アメリカン・エキスプレスはポイントを様々な用途に利用可能なため、どのように利用するかによって実質的な還元率は異なりますので注意してください。

ETCカードを利用するにあたりどのクレジットカードを利用すれば良いのかご紹介します。

■アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレスが発行する最もスタンダードなクレジットカードです。スタンダードではあるのですが年会費が1万円を超えている他のクレジットカードであればゴールドカードに分類されるような性能のものとなっています。

初めてアメリカン・エキスプレスを利用するのであればこちらを利用すれば良さを実感できるでしょう。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費3万円を超えるアメリカン・エキスプレスの代表的なクレジットカードです。ゴールドカードということもあり一般カードに比べると非常に多くの付帯サービスが用意されています。旅行に関する優待も多いですのでETCカードと組み合わせて旅行をより良い物にするサポートをしてくれます。

三井住友カードのETCまとめ

日本でこの名前を知らない方のほうが少ないのではないかと思うぐらい有名なクレジットカード会社が三井住友カードです。テレビなどsカードにはどのようなETCカードのサービスが付帯されているのでしょうか。数多くのクレジットカードを発行しているクレジットカード会社ですので気になるところをご紹介します。

ETCカードの発行に関しては無料なのですが初年度は年会費無料であるものの基本的には年会費が540円に設定されています。ただ、三井住友カードらしくETCカードを年間1回でも利用すれば年会費が無料になるサービスが用意されていますので、ETCカードを使い続けていれば実質的には年会費無料のETCカードということになります。三井住友カードはクレジットカードの年会費においてもこのような簡単な条件で年会費が割引されるものが多いですので知っておいて損はないでしょう。
ポイントの還元率は0.5%が基本となっていますのでクレジットカードとしては標準的なポイント還元率であると考えられます。ただ三井住友カードの中でも学生専用カードである三井住友VISAカードデビュープラスカードであれば還元率が1%となっていますので学生の皆さんはこちらを利用することが望ましいでしょう。

三井住友カードでETCカードが利用できるおすすめクレジットカードをご紹介します。
■三井住友カードクラシックカード
三井住友カードが発行しているプロパーカードであり最も標準的なクレジットカードです。プロパーカードであるたね年会費は1350円になっていますが簡単な条件を満たすと年会費が無料となります。初年度は年会費無料ですので条件を満たすように利用を続けるとクレジットカードもETCカードも無料で手に入れることが可能です。クレジットカードとしてはやはりプロパーカードが安心感が高いですし年会費無料で持てるのでおすすめです。

■三井住友VISAカードデビュープラスカード
学生の皆さんにはダントツでこちらのクレジットカードがおすすめです。学生カードの流れに沿ってこちらも非常に簡単な条件を満たすことで年会費無料になりますし、なんといっておETCカードの利用で貯まるポイントが他のクレジットカードの2倍となっています。これは学生ならではの特権です。
他の付帯サービスに関しても学生を優待するものが数多く用意されていますので、早い段階からプラスカードを持っておくというのも選択肢としては悪くありません。

この他にもANAカードシリーズでも国際ブランドがVISAやMasterCardであれば三井住友カードが発行しています。空の旅と陸での旅を1枚のクレジットカードで楽しみたいのであればJALカードもおすすめです。

セゾンカードのETCまとめ

クレジットカードの発行数としてそれなりの数を誇っているのがセゾンカードです。発行しているクレジットカードは多岐に渡りそれぞれについて独自の特典や共通の特典が付帯されています。そして基本的にはどのクレジットカードを利用してもETCカードが手に入る用になっています。

それではセゾンカードでETCカードを発行する場合はどういった特徴があるのでしょうか。

セゾンカードでETCカードの発行をすると最速であれば即日受けることが出来るというのが一番の特徴となっています。これはセゾンカードが発行している一部のクレジットカードは、全国にあるセゾンカウンターでクレジットカードを即日受け取れるようになっているからであり、これを利用することによって最速ETCカードも即日発行を実現することが出来ます。これは日本のクレジットカードの中でも数少ない特徴ですので重視しても良いでしょう。

年会費など維持費は無料となっていますがセゾンカードが発行していますので永久不滅ポイントの付与対象となっています。ここはセゾンカードが提供している一般カード全般に言えることであり、ETCカードにおいても年会費は徴収しない方向で運営されています。ETCカードが無料であり、クレジットカードも年会費無料のものが多いのでゴールドカードなどのステータス性が高いものを利用しなければ全体の維持費も無料で所有することが可能となっています。ポイントの還元率については利用用途によって多少の差がありますが基本的には0.5%以上の還元があると思っていて差し支えありません。永久不滅ポイントですし貯まった段階で好きな用途に利用できるというのもセゾンらしく嬉しいですね。

セゾンカードのクレジットカードでおすすめは以下の2種類です。

■セゾンカードインターナショナル

セゾンカードが発行しているクレジットカードの中で王道のクレジットカードと言えるでしょう。年会費はもちろん無料でありながらセゾンが提供している企業で優待が受けれるなどサービスは十分です。ETCカードとクレジットカードの即日発行に対応しているクレジットカードですので急に必要となった場合でも重宝します。

■セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードインターナショナルと並んでセゾンカードの二大クレジットカードとも言えるのがこちらです。本来はアメリカン・エキスプレスといえば年会費が高額なクレジットカードなのですがセゾンで発行すれば格安の年会費で手に入ります。

こちらのクレジットカードもETCカードとクレジットカードの即日発行に対応しています。