ETCカードの基礎知識を紹介します

■ETCカードは何枚まで発行できる?

クレジットカードは1人何枚までしか持てない…という制限はありません。
審査に通過さえすれば、何枚でも発行することが可能です。
実際10枚、20枚と、多数のクレジットカードを所有する人もいます。
ETCカードはどうなのでしょうか。
1人何枚までという制限はあるのでしょうか。

ETCカードもクレジットカードと同様、1人何枚までという制限はありません。
しかし個人で使うなら、1枚あれば十分ではないでしょうか。
1枚のETCカードを使えば、ポイントを集約することもできます。
ETCカードの管理もしやすいですし、複数枚持つメリットはあまりないでしょう。
万が一紛失や使用不可となってしまった場合のことを考えて、予備に1枚くらい発行しておくくらいで良いと思われます。

それでもETCカードを何枚も発行する人もいます。
ライフスタイルなんかによっては、ETCカードが1枚では不都合という場合もあります。

ETCカードを複数枚発行するケース

・仕事とプライベートを分ける
事業用とプライベートでの利用は、分けた方が経理がしやすくなります。
同じETCカードを使ってしまうと、後から明細見て事業用とプライベート用の支出を分けなければならないためです。
事業用として使うETCカードは、法人向けクレジットカードで発行するのが良いでしょう。

・車両により分ける
車を何台も持っている人は、車によってETCカードを使い分けることもあります。
車1台に対しETCカードを1枚使うことにより、管理がラクになるでしょう。

・走行場所により分ける
走行する場所により、ETCカードを使い分けることもあるようです。

ETCカードの発行は、通常クレジットカードに対し1枚となります。
そのため複数のETCカードを発行するときは、同じクレジットカードではなく別々のクレジットカードで発行することになります。
1枚はセゾンカード、2枚目は楽天カード、3枚目はジャックスカード…、といった具合です。
請求をまとめることができないのが、デメリットと言えるかもしれません。

ただ法人カードなどでは、1枚のクレジットカードに対し何枚でもETCカードを発行できるものもあります。
JCB法人カードは、ETCカードの発行枚数に制限はありません。
1枚のクレジットカードで、ETCカードを10枚、30枚と発行することもできるのです。
審査がありますのであまりに多い枚数だと発行されませんが、複数枚のETCカードが欲しいときは便利です。

■車がないけどETCカードは必要?

ETCカードは車を持っていなければ、必要ないと思いがちです。
しかし運転免許証を持っているなら、ETCカードは1枚くらい持っておいた方が良いでしょう。
それはETCカードは自家用車ではなくても、使えるものだからです。
車載器が搭載されている車両であれば、ETCカードを挿入して利用することができます。

・レンタカーで使う
旅行などでレンタカーを使うこともあるかと思います。
レンタカーにもETC車載器が搭載されていることが多くなりました。
ETCカードを持っていなければ、料金所で止まり走行料金を支払わなければなりません。
ETCカードを持っていれば、ETCレーンをノンストップで走行できます。
目的地までの時間を短縮できますし、快適に走行できるでしょう。
ETCカードなら料金の割引もありますし、ETCカードがあった方がお得です。

・友達や家族の車で使う
ちょっと車を貸してというときも、ETCカードがあった方が便利でしょう。
車の貸し借りはできても、ETCカードの貸し借りはできません。
車も借りてETCカードも借りる…ということはできないのです。
もし名義人以外の人がETCカードを使うと、クレジットカード会社の規約を破ったことになってしまいます。
ETCカードを貸した人が、クレジットカード会社から利用停止などのお咎めを受ける可能性もあるのです。
軽い気持ちで借りたのに、大変なことになってしまうかもしれません。
車は借りても、ETCカードは自分名義のものを使うようにしましょう。
車載器が搭載されている車両なら、ETCカードを使うことができます。

自分以外の車でETCカードを使った後は、車載器から抜くのを忘れないようにしてください。
車載器から抜くのを忘れてしまい、他人に悪用される…といったことも考えられますので気を付けましょう。

自分で車を持っていないので、たまにしかETCカードを使わない…という人は、年会費無料のETCカードを作りましょう。
年会費無料であれば、どんな使い方をしても料金が発生することはありません。
年に1度使えば年会費無料になるETCカードなんかもありますが、確実に利用するかわからない…というなら無条件で年会費無料の方が無難です。
そして発行手数料も無料のETCカードが良いでしょう。
たまにしか使わないETCカードに、1,000円もかけるのはもったいないです。
年会費無料で発行手数料無料のETCカードを、選んでみてください。

■EETCカードをなくしてしまったんだけど?

ETCカードを紛失してしまっても、慌てない人がいます。
クレジットカードと違い、悪用される可能性が低いためです。
クレジットカードを紛失すると、誰かに不正使用されてしまうことがあります。
ショッピングをされたり、キャッシングをされたりすると、大きな被害額になってしまいますね。
しかしETCカードは、有料道路の走行料金にしか使えません。
もし不正に使用されても、たいした被害額にならないだろう…と思ってしまうようです。

確かにETCカードは、クレジットカードの紛失時より被害額は少ないです。
それでも被害が全くないわけではありません。
紛失や盗難に遭ったら、直ちに発行しているっクレジットカード会社に連絡を入れましょう。
そして利用停止措置をとってもらい、再発行してもらってください。

ETCカードを再発行すると、カードの番号が以前とは別になります。
ETCマイレージに登録している場合は、更新手続きをしなければなりません。
そのままにしているとETCマイレージがたまりませんので、注意をしてください。
またETCカードは再発行をしても、すぐに郵送されてくる…というわけではありません。
早くても1週間、平均で2週間程度の発行期間が必要となります。
複数枚持っていれば、その間は別のETCカードを使うことができます。
しかし1枚しか持っていなければ、その間はETCカードを使えないことになります。
ETCレーンを走行できないと料金が割引になりませんし、不便に感じてしまうでしょう。
ETCカードは他人のものを借りるわけには行きません。
紛失や盗難に遭わないように、注意をする必要があるでしょう。

たまにしか使わないETCカードだと、紛失に気が付かないという例も多いと言います。
車内に置きっぱなしにしていたETCカードを盗難されていたけれど、使う機会がなく全く気づかなかった…ということがあるのです。
利用明細書を見て「こんなとこ車で走ったっけ?!」となり、ETCカードの不正使用に気がついたということもあるようです。
ETCカードは車内に置きっぱなしにせずに、車から降りるときは携帯するようにしましょう。
またクレジットカードの利用明細書は、毎月必ずチェックするようにしてください。
おかしいな利用履歴があれば、クレジットカード会社にすぐに問い合わせをし、調査をしてもらってください。
早めに気が付けば、クレジットカード会社が被害額を負担してくれます。

■ETCカードの有効期限が切れそうなんだけど?

ETCカードには有効期限があります。
有効期限が切れてしまうと、使用することができません。
ETCレーンを走行しようとしてもバーが開かず走行できない…となてしまいます。
ETCカードの有効期限は、気にかけておいた方が良いでしょう。

ETCカードの有効期限は、だいたい3年~5年くらいと言われています。
発行当初は1年間くらいのときもあるようです。
クレジットカードと同時に新規発行したときは、クレジットカードとETCカードの有効期限が一緒であることも多いようです。
同じだとわかりやすくて良いですね。

ETCカードの有効期限は、自動的に更新されるのが一般的です。
有効期限が近づいてきたので、何かをしなければならないということはありません。
クレジットカード会社が期限を更新したETCカードを郵送してきますので、その時点で古いETCカードと差し替えるのがおすすめです。
あとで差し替えよう…と思うと、うっかり忘れて期限切れのETCカードで走行してしまったなんてことがあります。

ETCカードの有効期限が更新されたら、ETCマイレージも更新をしておきましょう。
更新をしないと、マイレージがたまりません。

期限が更新されたETCカードが届かないときは、いくつかの理由が考えらえます。

・長期間ETCカードを使っていない
ETCカードを発行したものの、何年も使っていない…という方もいるでしょう。
いつか使うときのために、とりあえず発行しておくということもあります。
長いことETCカードが使われていないと、クレジットカード会社はこれからも使うことはないだろうと判断します。
コストをかけて発行してもムダ…ということになり、ETCカードの有効期限が更新されないのです。

・クレジットカードの使い方が悪い
クレジットカードの支払いがきちんと行われていないなど、使い方に問題があるとETCカードの有効期限が更新されないことがあります。
ETCカードを使われても支払いが行われないと、クレジットカード会社としては困りますからね。

・クレジットカード会社に返送されている
住所変更をしていなかったり、不在で受け取りができなかったりすると、クレジットカード会社に返送されている可能性があります。
クレジットカードの使い方に問題がなく、ETCカードも普段から使っている…という人は、この可能性が高いかと思われます。

新しいETCカードが届かない場合は、クレジットカード会社に問い合わせをしてみてください。

■ETCカードの発行期間はどれくらい?

ETCカードは申込みをしたら、すぐに使えるというものではありません。
ETCカードには、発行期間があるためです。
だいたい2週間くらい、早くて1週間くらいの発行期間が必要だと言われています。
明日使いたいんだけど!と思っても、ETCカードを作るのは難しい…となってしまうでしょう。

クレジットカードの中には、翌営業日発行、3営業日発行と、スピード発行のものがあります。
申込から1週間もあれば、クレジットカードを使うことができます。
このようなクレジットカードなら、ETCカードの発行も早いのでは?と思うでしょう。
しかしクレジットカードと同時申込しても、ETCカードは別送となってしまいます。
クレジットカードは届いたけれど、ETCカードはまだ届かない…ということが多いのです。
スピード発行のクレジットカードでも、ETCカードは1週間~2週間はかかると思っておいた方が良いでしょう。

また1週間~2週間といっても、もっと長い期間が必要になることもあります。
祝日を挟むと、発行期間は長引いてしまいます。
ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、年末年始などは、ETCカードの発行にはまだ長くかかってしまうでしょう。

ETCカードがどうしても早く欲しい!という場合は、セゾンカードがおすすめです。
セゾンカードは、即日発行が可能なクレジットカードがいくつかあります。
そしてETCカードも、即日発行が可能なのです。

ETCカードを即日発行するには、申込み当日に店舗で受け取る必要があります。
クレディセゾンが発行するセゾンカードを持っていれば、そのセゾンカードを持ち店舗まで出向きましょう。
そこで手続きをすれば、ETCカードを即日発行できます。
セゾンカードを持っていない場合は、セゾンカード・インターナショナルに申込をして、ETCカードも同時発行するのがおすすめです。
店舗で受け取ることで、クレジットカードもETCカードも即日発行することができます。

ETCカードが即日発行できるのは、PARCOなどにあるセゾンカウンターになります。
ただすべてのセゾンカウンターで即日発行できるわけではないので、注意をしましょう。
セゾンカードのサイトなどで、受取ができる店舗を確認しておいてください。

また100%の確率で、ETCカードの即日発行ができるとも限りません。
申込が多く混み合っていたり、書類に不備があったりすると、発行までに時間がかかることがあります。