クレジットカードとETCカードの基礎知識

クレジットカードとETC

高速道路を利用していると嫌でも目につくのがETCという文字列ではないでしょうか。料金所にはETCが用意されていることが大半ですし今まで利用していない方でもスムーズな精算を見ていると利用してみたくなりますよね。このETCですがどのような仕組みで利用できるのかあまり認知されていないような印象も受けています。どのようにETCを利用することが出来るのかをこの機会に学んでおきましょう。

■ETCはクレジットカードの連携が基本

ETCを利用するためにはETCカードと呼ばれる決算に利用する専用カードが必要です。このETCカードという言葉についても皆さんは一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。このETCカードを手に入れるためには実はクレジットカードとの連携が必要なのです。クレジットカードと連携することによってETCでは高速道路の料金を精算することが出来るわけですね。

■ETCカードの発行

ETCを利用するためにはETCカードが必要になるということは上記でご紹介しました。それではどのようにすればETCカードを手に入れることが出来るのでしょうか。ETCカードは皆さんが思っているよりも複雑ではなく簡単に手に入れられる時代となってきました。

手に入れる方法はいくつかあるのですが例えばクレジットカードに新規に申込みをする際にはETCカードを発行する必要があるかどうかを選べるようになっていることが多いです。ETCカードは不要な人に発行しても意味がありませんので、基本は発行しないようになっていますが必要であれば申請することで簡単に発行することが可能です。

すでに所有しているクレジットカードがETCカードに対応しているのであれば、クレジットカードの会員デスクに電話したり専用Webサイトから申し込みをしたりすることによってETCカードの発行が出来るはずです。

■クレジットカードで支払う利点

ETCカードはクレジットカードとの連携で決算するものですがこの利点はどこにあるのでしょうか。

まずなによりも利点だと皆さんが感じる部分はこれでしょう。専用レーンなどを利用できますので料金所で長時間待つ必要がないということですね。車線の移動などで多少は渋滞になることもありますが基本的にはほとんど渋滞になることもなくスムーズに料金所を通過することが出来ます。

またクレジットカードで支払うことによって利用料金が後払いとなります。その結果現金では実現できなかった支払った料金をあとから割引するということが可能となっています。現金では一回徴収したものを返金することは出来ませんでしたが、クレジットカードとしてまとめて請求することが出来るようになったため割引出来るようになったのです。

そもそもETCの利用率ってどのくらいなの?

ETCカードを使っている、という方は多いのではありませんか。そもそもETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行できるものであり、その普及率はかなりのものなのです。こちらでは、ETCカードカードにおける基礎知識をお話していきます。どもどもETCカードとはどのような特徴を持っているものなのでしょうか。しっかりとチェックしていきましょう。

最初にお話させてもらうのは、ETCカードの基礎知識としての普及率です。クレジットカードの普及率はかなりのもので、一人複数枚持っている事自体も珍しいことではなくなりました。一方で、ETCカードの普及率はどれくらいであるのか、ということはあまり知られていないのが実情です。今回はそのお話をさせてもらいます。

平成24年の調査なので少し前になってしまいますが、高速道路ETCカードの利用率という調査結果が出ているのです。その結果ですがETC利用率が87.4%であることがわかりました。ETCを利用していないのは13.6%にとどまったのです。多くの方がすでにETCカードを利用している、ということがわかったわけです。
ETCカードをはもう定番となったことがすでに分かっているわけです。2017年の現在ではさらに普及率は高まっていると考えられます。ETCカードを持っていて当然、という時代が来たわけです。

ETCカードがお得に作れるって知ってた?

ETCカードを持っていて当然カードを作ろうとすると、お金がかかってしまうのではないか、といった印象を持っている方が多いことに驚きます。実はETCカードはお得に作れるのです。

こちらではETCカードが実は経費をかけずにもつことが出来る、というETCの基礎知識の一つをお話します。

クレジットカードの中には年会費がかからない、というものもあります。年会費がかからないということで、気軽に利用していけるわけです。じつはETCカードの中には年会費がかからないタイプがあります。中には500円や1,000円の年会費がかかってしまうものもありますが、永年無料タイプのETCカードが有ることも事実なのです。

ただし注意してほしいのがETCカードは、年会費以外にもかかってくる可能性がある、という部分です。年会費以外にも発行手数料というものがかかってしまうことがあるのです。発行手数料に関しても1,000円程度かかる恐れがあるので事前にしっかりと確認しておきましょう。
発行手数料に関しても無料としているところはあります。オトクなカードを選択したいのであれば、発行手数料が無料のところを選択しましょう。ただし、最初は無料であったとしても紛失した場合には発行手数料がかかってくる、というカードもあるので注意してください。

ETCカードの申込方法が知りたい

ETCカードがカードは何もせずに獲得できるものではありません。しっかりと申し込みをしなければゲットできないわけです。今回は、ETCカードの申込方法の基礎知識についてお話します。一体どのようにして手に入れることができるのでしょうか。

ETCカードを手に入れるためには、まずは申し込みを行わなければなりませんが、クレジットカードと連動している、といいうところに注目しましょう。クレジットカードを持っていなければ使えない、といったETCカードが多くなっているわけです。

要は、クレジットカードの追加カードとしてETCカードを発行する、といった形になっているわけです。ですから、申し込みを行ったからといって、すぐにETCカードを手に入れることはできません。まずはクレジットカードの審査を突破しなければならないわけです。

ETCカード確実に得たいと考えるのであれば、なるべく審査の易しいクレジットカードに申し込みをおこないましょう。審査の易しいクレジットカードであれば、安心して申し込みができますし、ETCカードのゲットもできる可能性が高まります。

ちなみに審査の易しいクレジットカードの特徴ですが、たとえば流通系などがあります。流通系は自分の関連企業で買い物をしてほしいので、発行する可能性が高いのです。また消費者金融系のクレジットカードも比較的審査がやさしいことで知られています。

ETCカードのセットアップって?

クレジットカードをゲットして、ETCカードのカードを発行したらすぐに利用できるわけではありません。ETCカードのカードを手に入れたとしても、そのままでは高速道路のETCカードのレーンは通過できないのです。

こちらではETCのセットアップについての基礎知識についてお話します。一体どのようにすればETCカードは利用できるようになるのでしょうか。

ETCカード位のセットアップですが、まずは車載器がなければ話になりません。ETCカードを持っているだけでは車両情報などをETCに伝えることは出来ないわけです。
ETCに伝えることはカードが届いたら、自動車についている車両情報がインプットされている車載器にETCカードを差し込みます。しっかりと認識したらやっとETCカードでレーンを通過できるようになるわけです。

ちなみにETCカードをカードはずっと車載器に挿入していればよいのではありません。ETCカードをずっと車載器に挿入しておくと、悪用されてしまう恐れもあります。ですから、自動車を降りる時は必ず車載器から出してください。カードの抜き先を頻繁にする、ということは理解しておく必要があるのです。

ちなみにセットアップに関しては、車両のナンバープレートが変わったときや住所が変わったときにも行わなければなりません。

ETCカードってクレジットカードとしても利用できるの?

ETCカードの基礎知識として知っかおかなければならないのが、ETCカードとクレジットカードの違いです。ETCカードとクレジットカードの違いです。ETCカードとクレジットカードは同じもののように感じている方もいるかもしれません。中にはETCカードをクレジットカードと同じように利用できるものと思っている人もいるのです。しかし、ETCカードはクレジットカードと同じような利用はできません。

クレジットカードとETCカードは別物、と考えるのが自然なのです。

ETCカードのシステムとしては、高速道路の料金所を通るときだけに利用できるものです。他の場面では利用できません。高速道路のサービスエリアなどでの買い物に利用できるわけではありません。そちらの利用はクレジットカードで実施すべきものなのです。

ただし最近では一体型というものも出始めています。クレジットカードとETCカードのカードが一緒になっているものです。一体型のカードであれば、クレジットカードとしてもETCカードとしても利用できます。管理するカードの枚数も1枚になるので、そちらの方が良い、と考えている方も多いのではありませんか。

ETCカードとクレジットカードの一体型のカードがある、ということもしっかりと理解しておくべきです。

ETCカードってカードはいくらまで利用できるのか?

ETCカードの基礎知識として最後にお話するのは、ETCカードのカードの限度額です。いくらまで使えるのか、ということを気にしている方も多いのではありませんか。中には長距離の移動を考えている方もいるかもしれません。そういった場合に、ETCカードで利用できる限度額を超えてしまうのではないか、といったことを心配している方もかなり多いわけです

今回はETCカードの利用限度額について詳しくお話します。どの程度の金額まで利用できるものになっているのでしょうか。チェックしてみましょう。

ETCカード単体には利用限度額というものはありません。実はクレジットカードの利用限度額がETCカードの利用限度額となっているのです。たとえば、現状でクレジットカードの利用限度額まで30万円の余裕があった場合には30万円まで利用できる、ということになります。一方で10,000円しか残りがない場合は10,000円となってしまいます。移動できる距離には限度が出てくるので注意しましょう。
ETCカードはいくらでも利用できるのではないか、と思っている方も多いです。しかしETCカードはカードはクレジットカードの追加カードである、という部分はしっかりと理解しておかなければなりません。あくまでクレジットカードから派生したカードであり、クレジットカードで設定されている限度額以上の利用はできないのです。